マヌカハニーのおすすめ商品は?
マヌカハニーの効果と選び方を知ろう

マヌカハニー,おすすめ,効果,副作用

 

マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生するマヌカの花から集められたハチミツのこと。

 

タスマニアの原住民であるマオリ人にとっては、太古の昔から愛用されてきた神秘の薬とも言われ、現代医学では非常に高い殺菌性があることが知られています。

 

単なる美味しいハチミツではなく、喉や胃腸の不調に対して非常に効果が高いことが知られており、ニュージーランドでは風邪などの病気の予防のためには毎日マヌカハニーをティースプーン1杯舐めるのが常識。

 

そんなマヌカハニーは、日本にも輸入されてきており、健康意識の高い方々を中心に人気が広まってきています。
声優やアナウンサーなど日々声をだすことが多い方も、喉のケアのためにマヌカハニーを毎日食べているとか。

 

しかし、中には不誠実な粗悪品や偽物も流通しているのが現状。

 

この記事では、マヌカハニーのおすすめ商品と、その選び方、
マヌカハニーの品質の基準であるUMFやMGOなどの表記の意味、

 

それに気になるマヌカハニーの効果や副作用・注意点について、なるべくわかりやすく解説していきます。

マヌカハニーの効果とは?

マヌカハニー,おすすめ,効果,副作用

マヌカの花

 

非常に高い抗菌活性力を持つマヌカハニーは、古来よりニュージーランドの人々の間で万病に効く薬として重宝されてきました。

 

殺菌作用が高いとは言っても、抗生物質とは違ってマヌカハニーには副作用の心配がほとんどなく、食品としての栄養価も高い理想的な食材です。

 

現在、マヌカハニーには以下のような効果があると考えられています。

  • ピロリ菌、大腸菌、腸球菌、消化性潰瘍、化膿レンサ球菌などの胃腸疾患の改善
  • 虫歯、口内炎、歯周病の治療・防止
  • 喉の痛み、鼻のつまりの改善、風邪、インフルエンザの予防
  • 整腸作用
  • ガンの予防・治癒
  • コレステロール値の低下
  • 糖尿病の改善
  • 副鼻腔炎の治療
  • 創傷、切り傷、火傷の治癒
  • 炎症を和らげる

※当然ながら、マヌカハニーは医薬品ではありませんので、「確実にこれらの効果効能がある」とは断言できません。
あくまでも、このような効果を感じている人が多いと考えてください。

マヌカハニー”UMF”と”MGO”の意味と違いとは?

マヌカハニー,おすすめ,効果,副作用

 

マヌカハニーの商品を検索していると、それぞれ「UMF◯◯」とか「MGO◯◯」などの数字が書いてあり、それによってお値段が全然違うことに気づくと思います。

 

この「UMF」「MGO」の意味とは?
そして、この2つの違いについて解説します。

UMFとは

UMFとは、Unique Manuka Factorの略で、マヌカハニーの有用成分を測定・監査する唯一の独立した世界標準です。

 

ニュージーランドに本部を置くUMFハニー協会が、加盟しているマヌカハニー製造会社に対して抜き打ちで監査を行い、基準に達している事を確認した商品にのみ表示が許された指標となります。

 

このUMF指標の意味は、
「マヌカハニーをフェノール消毒液と比較した抗菌作用」
の指標です。

 

フェノール消毒液は、医療用として一般的に使われる消毒液。
例えば、「UMF12」のマヌカハニーは、「濃度12%のフェノール消毒液」と同じ抗菌作用があるということです。

 

ちなみに、フェノール消毒液は用途に応じて以下のような濃度に薄めて使われます。
・手指・皮膚の消毒
フェノール1.5〜2%溶液を用いる。

 

・医療機器、手術室・病室・家具・器具・物品などの消毒
フェノール2〜5%溶液を用いる。

 

・排泄物の消毒
フェノール3〜5%溶液を用いる。

 

・痒疹(小児ストロフルスを含む)、じん麻疹、虫さされの鎮痒
フェノール1〜2%溶液又は2〜5%軟膏として用いる。
参照HP:https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00047317

 

「排泄物の消毒」ですら、フェノール3〜5%ですから、マヌカハニーの「UMF12」とか「UMF20」などの数値が、どれだけ凄い殺菌力があるのか良くわかりますね。

 

それでいて、マヌカハニーには副作用もほとんど無いということですから、理想的な病気予防としておすすめな食材なんです。

MGOとは

MGOとは、Methylglyoxal(メチルグリオキサール)の頭文字。

 

ドイツのドレスデン大学の研究グループが、マヌカハニーの抗菌作用の正体はこのメチルグリオキサールであると発見したことから名付けられました。

 

ニュージーランドでマヌカハニーを製造していたマヌカヘルス社は、以前からUMF指標の正確性に疑問を持っていました。
実際のところ、UMF指標には最大±25%ほどの誤差があるそうです。

 

マヌカハニーの抗菌作用の正体がメチルグリオキサールであるとわかった以上、「メチルグリオキサールの含有量を指標とすべき」という考えのもと、UMFハニー協会を脱退。
独自のマヌカハニー基準として「MGO」という表記を開始したのです。

 

つまり、MGO指標の意味は
「メチルグリオキサールの含有量」
を元にした指標となります。

 

MGOの方が「○○mg入っている」という基準であるため、
UMFよりMGO表記のマヌカハニーの方が正確と言えます。

 

MGOを指標として使っているマヌカヘルス社やTCN社はUMFハニー協会に加盟していないのでUMF指標を使うことが出来ません。
このため、MGO指標と共に「活性強度」という言葉を使っています。

 

「活性強度12+」と書いてあったら「UMF12+」と同じ意味ですので覚えておいてください。

UMFとMGOの換算

マヌカハニーの2つの指標についてまとめると

  • UMF:マヌカハニーの抗菌力の指標
  • MGO:マヌカハニーの抗菌成分の含有量の指標

という事になります。
UMFもMGOも、どちらも「マヌカハニーの抗菌力がどれだけ高いか」を表そうとしている指標であることには変わりませんから、この2つはある程度換算が出来ます。
UMFとMGOの一般的な換算値をご紹介します。

 

UMF MGO 主な用途
UMF5+ MGO30+ 普通のハチミツと同じ調味料として
UMF10+ MGO100+ 毎日食べて風邪予防・喉のケア・花粉症予防
UMF15+ MGO250+ 消化不良の時などに
UMF20+ MGO400+ 風邪を引いたとき、喉が腫れたときなどに
UMF25+ MGO550+ ピロリ菌・慢性的な胃腸炎などに
UMF39+ MGO1100+

最高レベルのマヌカハニー
潰瘍性大腸炎・がんの転移阻止など医療にも使われる


マヌカハニー,おすすめ,効果,副作用

マヌカハニー買うならUMF12以上がおすすめ

マヌカハニーの効果の指標と主な用途についてまとめてみました。

 

その上でマヌカハニーを購入する際のおすすめですが、やはり日本で購入するなら
「UMF12+MGO220+以上」
のものをおすすめします。

 

マヌカハニーは、現地ニュージーランドでなら一般的な食材としてスーパーなどでも売っていますが、日本では輸入食品になるためどうしても値段が高くなります。

 

UMF10以下では効果もそれなりになってしまい、マヌカハニーである意味がないと思います。
ただの美味しいハチミツとして買うには、値段が高すぎて割に合いません。

 

日本で買うのであれば
「UMF12・MGO220以上でこそマヌカハニー」
という認識で良いと思います。

マヌカハニーのおすすめ商品:ストロングマヌカハニー

マヌカハニー,おすすめ,効果,副作用
マヌカハニーは日本でも数多くの商品を選ぶことが出来ますが、筆者がおすすめしているのはTCN社の「ストロングマヌカハニー」シリーズです。

 

(株)TCNニュージーランド事業所の直営養蜂場は海外養蜂歴30年以上で現地に永住権を持つ日本人養蜂専門職をリーダーとする、日本人ならではの職人気質と繊細な養蜂技術により高い機能性と美味しい蜂蜜の生産に1995年より尽力しています。

 

マヌカハニー,おすすめ,効果,副作用
本場ニュージーランドで生産していて、しかも現地在住の”日本人”が作っているというのがお気に入りのポイント。

 

当然ながらマヌカハニー以外のハチミツとのブレンドは一切しておらず、保存料・着色料などの添加物も一切無添加。
マヌカハニー自体に強力な抗菌作用があるので、保存料は必要ないんです。

 

ストロングマカハニーシリーズにはMGO220(UMF13相当)〜MGO1100(UMF39相当)までがラインナップされており、値段的にも他社と比較して「安い」と言えます。

 

TCNのストロングマヌカハニーはAmazonでも販売していますが、TCNの公式直販サイトの方が値段は安いようです。
AmazonアカウントがあればTCNの公式ショップでもAmazonPayを利用できますので、面倒な入力は要りません。

 

ストロングマヌカハニーシリーズは、TCNの公式ショップで買ったほうが良いですね。
↓↓↓
・TCNストロングマヌカハニー公式ショップはこちら

ストロングマヌカハニーのラインナップ

マヌカハニー,おすすめ,効果,副作用

MGO220+【活性強度13+】【250g】

\4,968(税込価格)
毎日スプーン一杯で風邪予防・喉のケア・便秘・花粉症予防などに

 

MGO550+【活性強度22+】【500g】

\16,200(税込価格)
腸内環境を改善してアトピー・ニキビ治療に。ピロリ菌・慢性的な胃腸炎・消化不良などの改善に

 

MGO860+【活性強度31+】【500g】

\24,980(税込価格)
潰瘍性大腸炎・萎縮性胃炎・がん予防・免疫力を高める

 

MGO1100+【活性強度39+】【500g】

\39,420(税込価格)
現存する最高レベルのマヌカハニー。
最高レベルの効果を求める人に。
ガンや重篤な病気が治った例も報告されています。

 

各商品の購入はTCNの公式ショップで
・TCNストロングマヌカハニー公式ショップはこちら

マヌカハニーの副作用・注意点は?

マヌカハニーを摂取し続けたことで、何らかの副作用を生じたとする研究は、今の所ありません。

 

もちろん、他のハチミツと同様にマヌカハニーも糖類ですから、過剰に摂取し続ければ糖尿病や肥満などの可能性も出てきます。

 

また、マヌカハニーの抗菌作用の正体であるメチルグリオキサールは、本来コーヒーやココアなどにも含まれています。
しかし、マヌカハニーのメチルグリオキサールはコーヒーの20倍以上の高濃度です。

 

これらを考えれば、やはりどんなマヌカハニーでも一日にティースプーン2〜3杯程度を適量とするべきだと思います。

乳児には絶対NG

マヌカハニー,おすすめ,効果,副作用

 

マヌカハニーも、一般的なハチミツと同じように「生後1年未満」の乳児には与えないでください。

 

ハチミツにはボツリヌス菌という菌が生息しており、成人であれば大腸菌の力によって無害化されますが、生後1年未満の乳児には大腸菌が少なく、腸内でボツリヌス菌が繁殖してしまいます。

 

これは「乳児ボツリヌス症」という病気で、ボツリヌス菌が産生する毒によって最悪の場合死に至ることもあります。

 

1987年に、当時の厚生省が「1歳未満の乳児にはハチミツを与えないように」との勧告を出しており、マヌカハニーもこれに該当します。

妊婦・授乳中の女性はOK

マヌカハニーは乳児には絶対NGですが、妊娠中・授乳中の女性であれば問題なく食べていただけます。

 

成人している大人であれば、腸内の大腸菌によってボツリヌス菌は無害化されますので、それが胎児や乳児に渡ることはありません。
妊娠中の便秘予防や体調管理・つわりの軽減などにもマヌカハニーはおすすめです。

マヌカハニーの食べ方はハチミツと同じ

マヌカハニー,おすすめ,効果,副作用

 

マヌカハニーの食べ方としては、難しく考えず普通のハチミツと同じです。

 

スプーンですくってそのまま舐めてもいいですし、トーストに塗ったり、ヨーグルトや紅茶に入れてもOK。

 

ただし、熱湯に入れてすぐに飲むのは大丈夫ですが、長時間加熱するのはオススメしません。
有効成分が変性する可能性があるので、なるべく50℃以上に加熱しないようにしましょう。

まとめ:マヌカハニーは目的に合わせたグレード選びを

マヌカハニーのグレード指標であるUMF、MGOの違いやその効果についてご紹介してきました。

 

マヌカハニーは1歳未満の乳児に与えてはいけないことを除けば、極めて高い殺菌作用の割に副作用の心配がなく、非常におすすめできる食品だと思います。

 

その選び方としては、

  • 日常的な健康維持・予防:UMF13・MGO220〜
  • 既に発症している病気の改善:UMF22・MGO550〜

 

と言ったように、ご自身の現状と目的に合わせて、グレードを選択するのがオススメ。

 

人生で一度くらいは、最高ランクのマヌカハニーを食べてみるのも一興かも知れませんが(笑)

 

また、残念ながら日本ではマヌカハニーの粗悪品や偽物も出回っているのが現状なので、購入の際は歴史のある信頼できるメーカーのものを選ぶのも重要ですよ。

 

おすすめはTCNの公式ショップ
・TCNストロングマヌカハニー公式ショップはこちら